FC2ブログ

”安心・安全な家づくり”へのお手伝い

仕事のことや家の血統書に関すること、地域の様々な情報等を発信していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「建築基本法」の制定へ議論スタート

以前から話しの出ていた「建築基本法」が、
制定へ向けてスタートした様です。

国土交通省の「建築法体系勉強会」(座長:久保哲夫・東京大学教授)が2月2日、初会合を開き、「建築基本法」の立法化に向けた審議を開始した。建築物の質の確保・向上に向け、建築基準法や建築士法など建築法体系全体の目指すべき基本的方向を整理するのが目的。会合は全7回を予定している。テーマ別に意見交換を重ね、2012年1月をめどに論点を整理する方針だ。
■記事:佐々木大輔 「「建築基本法」の制定へ議論スタート」 (日経アーキテクチュア


上記の記事にも書かれているとおり、
建築基本法とは建築に関する個別法を束ねる上位法で、
住生活基本法等の近年の法整備の背景にある、
『量』から『質』へという国の方針の一環です。

 ・ 住生活基本法 (国土交通省ホームページ)

住宅を『量』から『質』へ転換するためには、
今後ますます住宅履歴情報が重要になってくると思います。

「家の血統書」は、材料から設計・施工までの適切な情報を記録して、
さらに透明化によって住宅を「担保」化することで、
建築生産から金融・保険、紛争・係争まで一元管理が可能な台帳(カルテ)です。

 ・ 家の血統書総合リンク (消費者自主運営ホームページ)

国の施策に沿った住宅履歴台帳の「家の血統書」。
住宅の建築を考えている方は是非ご検討ください。

なお、日経BP社では建築実務者向けにアンケートを実施しています。

 ・ 基本法の制定で何を変えるべきか?あなたの意見をお聞かせください。 (日経BP社ホームページ)


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。