FC2ブログ

”安心・安全な家づくり”へのお手伝い

仕事のことや家の血統書に関すること、地域の様々な情報等を発信していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅瑕疵担保保険の届出義務


昨年の10月1日に完全施行された住宅瑕疵担保履行法。

この法律は、新築住宅の売り主等に対して、
瑕疵担保責任を負う為に保険や供託を義務付ける法律です。

 ・ 住宅瑕疵担保履行法 (国土交通省ホームページ)
 ・ 同法に関する消費者向けサイト (国土交通省ホームページ)

せっかくの新築住宅取得の際の安心のための法律なのに、
以前のケンプラッツの記事では消費者の大半が知らないとのことでした。

住宅事業者に対する瑕疵担保責任保険加入の義務付けなどを定めた住宅瑕疵担保履行法が、2009年10月1日に全面施行された。ただ、国土交通省が8月に実施した消費者アンケートでは、66.9%が同法を「聞いたことがない」と回答している。
■記事:安藤 剛 「住宅瑕疵担保履行法が全面施行に、消費者7割「聞いたことない」 」 (日経ホームビルダー


この記事のコメント欄に書いてありましたが、
施工業者の中にも知らない人がいるとなると大変なことですね。

また、本日はその住宅供給者(新築住宅の売り主等)に対しての、
保険加入の届け出義務に関しての記事が出ていました。

住宅瑕疵担保履行法が住宅会社の多くに課す義務は、瑕疵担保責任保険への加入だけではない。瑕疵保険に加入したことを半年に1回、行政庁に届け出る義務もある。
■記事:安藤 剛 「住宅瑕疵担保履行法が全面施行に、消費者7割「聞いたことない」 」 (日経ホームビルダー


住宅を売る側は自らの責任の為に、買う側は住宅取得の安心の為に、
様々な法律等をよく知り守らないといけないってことですね。


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。