FC2ブログ

”安心・安全な家づくり”へのお手伝い

仕事のことや家の血統書に関すること、地域の様々な情報等を発信していきたいと思います。

東京都議会議員選挙

7月3日に告示され、東京都議会議員選挙が始まりました。

 ・東京都議会議員選挙概要 (板橋区ホームページ)

様々な争点や国政まで巻き込んだ話しも出ていますが、
都議選というのは東京都民が自らの意思を反映できる唯一の方法です。

投票日当日に予定がある方も、以前の不在者投票に比べて簡素化され、
参加しやすくなっています。

 ・期日前投票 (板橋区ホームページ)

午前8時30分から午後8時までなので、お仕事帰りにも投票可能です。
私も投票日当日は予定が入っていますので、
立候補者の政策を良く聞き考えて、期日前投票に行ってくる予定です。

この機会に、これからの東京がどうあるべきかを考えて、
是非ともご自身の権利を行使して参加してみては如何でしょうか。


スポンサーサイト



建築基本法の議論活発に

本日のニュースに以下の記事が載っていました。

建築基本法制定準備会(会長・神田順東大大学院教授)は、東京都千代田区の衆議院第一議員会館で、同準備会が推進している「建築基本法」について、自民党など超党派でつくる「健康的な住環境を推進する議員連盟」(愛知和男会長)に説明した。
■記事: 「建築基本法に理解求める/議員立法視野に役割紹介/制定準備会」(kensetsunews.com


以前に本ブログでお知らせした記事は、上記の準備会とは別のものですね。
上記記事の最後にも以下の様に書かれています。

 「建築基本法については、同会のものとは別に、国土交通省の
  社会資本整備審議会建築分科会基本制度部会の中でも取りあげられている。」
  (上記記事より引用)

建築基準法を超えた建築基本法に関して、議論が活発化しています。

近年の法整備の背景でもある、『量』から『質』へという国の方針。
これからは徐々に具体化してくるでしょう。

設計と施工・建材を一元化して、様々な活用が可能な家の血統書。
一生に一度の家を資産としたい施主の方や、
責任と自信・誇りを持って仕事をしている建築士・職人の方々、
消費者の為に問題が発生したときの対応をきちんと出来る建材メーカー。

興味がありましたら弊社までお問い合わせください。


木造住宅の耐震診断・改善工事助成制度

しばらく更新していませんでした(汗)。

板橋区では昨年に引き続き、木造住宅の耐震診断・改善工事に対して、
助成制度をおこなっています。

 広報いたばしPDF版 平成21年6月6日号 1面

一時募集の期間が昨年に比べて若干早くなり、
7月7日までが申込み期間となっています。

対象の建物や申込みにはいくつかの条件があります。
条件を満たしている方で関心がありましたら、
板橋区市街地整備課防災まちづくりグループにお問い合わせください。

申込み期間が若干過ぎていても、
板橋区の方で(…たぶん)相談は受けてくれると思います。

昨年同様、備えあれば憂いなしですよね。